HOME

About

武田双雲 Souun Takeda
書道家。現代アーティスト

書道家。1975年、熊本県生まれ。東京理科大学理工学部卒業。

3歳より書家である母・武田双葉に師事し、書の道を歩む。大学卒業後、NTT入社。約3年間の勤務を経て書道家として独立。音楽家、彫刻家などさまざまなアーティストとのコラボレーション、

斬新な個展など、独自の創作活動で注目を集める。

映画「春の雪」、「北の零年」、NHK大河ドラマ「天地人」をはじめ、世界遺産「平泉」、

スーパーコンピュータ「京」、「美空ひばり」など、数多くの題字、ロゴを手がける。

また、フジロックフェスティバルや、ロシア、スイス、ベルギー、ベトナム、インドネシアなど、世界中から依頼を受け、パフォーマンス書道、書道ワークショップを行っている。

2013年には、文化庁より文化交流使の指名を受け、日本大使館主催の文化事業などに参加し、海外に向けて、日本文化の発信を続けている。

百貨店や美術館などで斬新な個展を開催。2010年目黒雅叙園での個展には来場者が4万人を超える。2015年及び2019年、アメリカのカリフォルニア州にて個展開催。現地メディアにも取り上げられ、好評を博す。

また、2008年6月14日開通の東京メトロ地下鉄副都心線、明治神宮前駅にパブリックアートとして「希望」の作品を提供。様々な企業や個人から依頼を受け、ビジョンを書で揮毫している。

オリジナルの書道講義が話題を呼び、日テレ「世界一受けたい授業」など様々なメディアに出演。講演会やイベント、セミナーなどへの出演も多数。

身体に優しいオーガニック食材や発酵食品を使った店舗のプロデュースを手がけ、

2017年、湘南に「CHIKYU FARM TO TABLE」 https://chikyu.store/

2018年、浅草にCHIKYUの姉妹店「MISOJYU」 https://misojyu.jp/ オープン。

2019年元号改元に際し、「令和」の記念切手に書を提供。

ベストセラーの「ポジティブの教科書」をはじめ、「波に乗る力」(日本文芸社)など、著書は50冊を超える。20年間主宰した書道教室「ふたばの森」は、2020年3月末に閉講。

近年は現代アーティストとして作品を発表。2019年アートチューリッヒに出展。2020年1~2月、代官山ヒルサイドフォーラム及び日本橋三越にて、ドイツGallery Duruduru及びArtriun Birnbachにて、個展開催。また、2020年9月~12月にかけて、大丸松坂屋百貨店(京都店・心斎橋店)・GINZA SIX・伊勢丹新宿店にて、個展を予定している。

 

 

【著書】
作品集『たのしか』(ダイヤモンド社)
作品集『絆』(ダイヤモンド社)
『「書」を書く愉しみ』(光文社信書)
『書愉道』(池田書店)
『しょぼん』(池田書店)
『書本』(池田書店)
『ひらく言葉』(河出書房新社)
『カルボナーラばかり注文するな』(春陽堂書店)
『書の道を行こう~夢をかなえる双雲哲学~』(PHP研究所)
『武田双雲 戦国武将を書く』(ぴあ)
『武田双雲にダマされろ』(主婦の友社)
『武田双雲の墨書七十二侯』(朝日新聞出版)
『上機嫌のすすめ』(平凡社)
『一日一魂』(清流出版)
『com-po-ji』(祥伝社)
『世界一受けたい生き方の授業』(三笠書房)
『双雲流コミュニケーション術』(毎日新聞社)
『はじめてのお習字』(幻冬舎)
『はじめてのお習字 かん字』(幻冬舎)
『はじめての書道入門』(幻冬舎)
『人生を変える書』(NHK出版)
『知識ゼロからはじめる書道入門』(幻冬舎)
『こころをつよくすることば』(日本出版社)
『だからこそできること』)(主婦の友社)
『ポジティブの教科書』(主婦の友社)30万部突破
『知識ゼロからの書道~あそび文字入門』(幻冬舎)
『武田双雲の「書いて」夢をかなえる本』(小学館)
『双雲流ペン字メソッド』(学研)
『いろはにほめ言霊』(KADOKAWA)
『ココロが楽になる字』(イースト・プレス)
『パートナーにイラッとしたときに読む本』(宙出版)
『知識ゼロからの写経入門』(幻冬舎)
『書く力』(幻冬舎エデュケーション新書)
『「子どもといること」がもっと楽しくなる 怒らない子育て』(主婦と生活社)
『無悩力』(小学館新書)
『イヤな気分を捨てる技術』(PHP研究所)
『しあわせになれる「はたらきかた」』(ぴあ)
『むなしさの正体~正しい幸せの求め方』(朝日新聞出版)
『お習字でひらがなおけいこ』(』幻冬舎)
『人生に幸せ連鎖が起こる!ネガポジ変換ノート』(SBクリエイション)
『いまをひらく言葉』(河出文庫)
『一瞬で幸せが訪れる 天国めがねの法則』(KADOKAWA)
『伝わる技術』(ベスト新書)
『ラッキーになれる習慣』(清流出版)
『疲れない!!』(幻冬舎)
『大人の書道教室』(幻冬舎)
『敏感で傷つきやすいあなたへ』(PHP研究所)
『のびのび生きるヒント』(青春出版社)
『ワクワク人生教室』(河出書房新社)
『人生、余裕で生きる極意』(三笠書房)
『武田双雲の心をスーッと軽くする200の言葉』(扶桑社)
『誰でもカンタン「いい字」が書ける』(ちくま新書)
『武田双雲の水で書けるお習字~ひらがな』(幻冬舎)
『武田双雲の水で書けるお習字~漢字』(幻冬舎)
『波に乗る力』(日本文芸社)
『ラッキー道』(光文社)

» Books

 

宣言 「双雲は人類成長に深く貢献する存在になります。」


English —

Souun is a Japanese calligrapher, born in 1975 in Kumamoto prefecture.

He was first exposed to calligraphy at the age of three by his mother, Souyou Takeda, a professional calligrapher in her own right.

After graduating from Tokyo University of Science, he worked for NTT. Three years after leaving this job, he became an independent calligrapher.

Souun has collaborated with different artists across a variety of fields, and his work has appeared in numerous exhibitions around the world. His technical skill, his ability to give physical life to invisible meaning, and his high energy and unique vision, have made him a highly sought after artist. He regularly receives commissions from companies as diverse as Nissan, Toshiba, Sony, Vogue Magazine, The World Cultural Heritage Organization, and The Japan Expo. His calligraphy can be found all over Japan, including on Airport gates, on the wall of the Tokyo Metropolitan Station, TV shows, magazines, theaters, book covers, and even Kei, the supercomputer that became the world’s fastest in 2011.

He was hired by the Japanese government as a cultural envoy to promote Japanese culture, and has been invited to perform and give lectures throughout the world, including in Moscow, Russia and Geneva, Switzerland.

In addition to his art he has authored more than 50 books.

Mission

Takeda Souun has a lifelong goal,
“To sow seeds of joyful living and to create thankful cycle for whole human family.”

He always tries to create artwork, which inspires people to enjoy active lives and fills people with appreciation and happiness. He believes that if a person is filled with a sense of well-being and gratitude, she/he can return these feeling for others. The wave of well-being and gratitude will spread exponentially through society, and eventually build a peaceful and better world.

He creates his works and always seeks the best way to achieve this goal. While he respects traditional calligraphic ways, he does not hesitate to take new approaches creating calligraphic work.

Souun’s attitude towards Calligraphy

Takeda Souun believes that calligraphy is one of the powerful, spiritual art form and is a combination of skill and creator’s energy and spirits and is also defined one of the simplest art form.Calligrapher attempt to bring words to life and she/he work reflects her/his vision, mind, thoughts, energy and spirits. That is one of the reasons why he begins from meditation in the creative process to purify the mind and soul so that he can endure word’s power with character. He educes the words’ original power and freeze people’s thoughts, mind, image, and spirits into a black and white simple art form. He also transmits a glimpse of the universe in his heart, his energy through his brush and breathes new life into every single work. This is why people say his calligraphy art work has affirmative power, positive energy, and awareness within. The work talks to your heart and can enhance your emotional and spiritual health.